作業日  2019年4月14日『日』
 作業内容  峰さん宅の箪笥つぶしと畑
 参加者数  10名

本日は近所の腰を痛められた独居老人の依頼で、タンスを3竿処分してあげることに時間を当てました。          こういう作業も良いと思う。

        ただね、いつも思うんですが、人の為のボランティアだと解りやすいし感謝されるし、評価もされますね。それが、山の間伐とか雑木の植樹とかになりますと、あまり感謝も評価もされず。
山で杉・ヒノキを植えられ、その場から移動出来ず、健康な成長を出来ずに大雨で山崩れを起こし、根っこから倒れている木々や、その植林と手入れ不足から来る林内・山内の暗さゆえに彼らの食べ物が無く、里に下りてきてしまい、人から見ての悪さをしている野生動物の声にならない声を、私は痛いと感じる感性を持って生まれてきたせいで、こんな、世の中の一般の人からはあまり気にかけてもらえない活動を23年も続けているんです。
私たちは23年前に木を植えましょうと言いました。そしてイベントも組みました。その時は地元にはなじまず。私も一人突っ走っていた感はあります。最近は植樹イベントも増えてきました。ただそれは、観光のためだったりするわけです。雑木が増えることは歓迎ですが、根本が私はしっくり来ず、どうしても客観視しかできません。頭固いんだろな。自身の反省すべき点ではあります。
午後は畑の草取り今年は玉ねぎが割とよく出来ている模様。じゃがいもさんも芽が出てきました。

金さんからフキを頂き、大さんからは手作りのマーマレードを頂き、今回も充実の1日でした。