作業日 2019年2月10日 
作業内容   初間伐・谷の掃除・畑の収穫
 参加者数  8名


宮ちゃん圧迫骨折でしたが、3月から復帰とのご連絡あり、ほっとしております。
さて、初間伐の日を迎えました。午前のみ山での作業としました。2本だけ間伐しましたが、薪用に60センチに珠切りして森の家へ
運びました。

紐を、切る木に張り上げるのは難しい。けど、これも一つ楽しい作業なので、少しは味わってもらいたく。挑戦してもらいました。
今回はお二人で一本ずつ切ってもらいました。
      オイクチ、ウケグチをちゃんと確認しながら切る。大変安全に切り倒しが出来ました。
         
切り倒した後は60センチに切り、薪用にと森の家へと運搬。2本分で結構な量になります。  
生木とはいえ、かなり軽い。水分を上げていない時期でもありますが、それ以上に生育が良くない木でしたので間伐材として適しています。
チェーンソーは使わず。大変ではありますが、いい汗も流せるし筋肉も付きますし、それほど難しくもありませんし、テノコ作業で行います。
木と出来るだけ対等に向き合いたいと思います。
  
乗りさん、岩さんで頑張って引き上げた!!!という木。お疲れさま!
森の家まで運んだ杉。今度薪割だ。手前の枝は大さんちに行くねむの木の枝。




お昼1時に山から帰り、森の家で昼食。味噌汁振舞。
午後2時近くになってから、畑と谷に分かれて作業。
   畑、玉ねぎの寒肥えやり。  
西山谷、年末に周りの木や草、葦などを切ってあったのですが、
皆さんにお願いして、運び上げてもらいました。あ〜すっきりしました、お蔭様です、ありがとうございました。
大雨が降って、橋に木が詰まったら大変だから。助かりました。

バレンタインに近いので^0^
作業終了後、大さんお手製のチョコレートケーキと珈琲で一服。この時間大変幸せ。
囲炉裏も最高。
  美味でした!

畑に残っていた白菜とキャベツとブロッコリー。皆で分けて持ち帰り。
白菜は巻かなかった・・・・0‘‘けど、食べれます。キャベツは軽かった・・・・・けど、食べれます。